大東立樹の出身高校・中学はどこ?wiki風プロフで経歴をチェック!
\目立つうちわでファンサをもらおう/

ジャニーズ

大東立樹の出身高校・中学はどこ?wiki風プロフで経歴をチェック!

2022年2月15日

少年忍者のさらに次の世代のエースとしてセンターを張り、新たなタキニとまで言われるほど注目度の高い大東立樹くん。

ちびっこに混じって一人だけ大きいだけでなく、パフォーマンスにも人一倍慣れが感じられる子ですし、舞台出演も多いので何者なの?と思っている人も多いのではないでしょうか?

元々大東くんの経歴はかなりのエリート。ジャニーズに入る前からwiki風のまとめもインターネット上に存在しており、一部の界隈ではかなりの有名人でした。

また、中学・高校でどんな学校生活を送ってきたのかも気になります。そこで今回は大東立樹くんのこれまでの経歴や中学・高校の情報をwiki風に紹介します!

 

大東立樹の出身中学はどこ?

出身中学

大東立樹の出身中学は東京都福生市立第二中学校と考えられます。

インターネット上の福生市立第二中学校の学力テストの成績優秀者一覧の英語の欄に「大東立樹」の名前がありました。2018年で中学2年生であり、学年も一致しているうえになかなか珍しい名前なので、こちらは本人で間違いなさそうです。

また、その他にも2016年度、当時小学6年生の頃には福生市立第六小学校の生徒として標語で入賞しています。福生市立第六小学校と福生市立第二中学校の学区は被っているのでこちらも大東くんで間違い無さそうですね。

高校は?

大東立樹くんが通っている高校に関しては今の所ヒントになりそうな情報はありません。コロナ禍でどこもリモートが中心なので、なかなか生徒同士顔を合わせる機会が無く、情報が出てこない部分も関係していそうですね...。

候補としてはジャニーズJr.の堀越高校や目黒日本大学高校(旧日出高校)、クラーク記念国際高等学校などが挙げられるでしょう。ただ、これらの学校の場合ジャニーズJr.のファンも多いので、通っていると何かしら情報は流れてきます。大東くんの場合一切情報が出てこないので、推されでも他の学校に通っている可能性の方が高そうです。

 

大東くんは元々ミュージカル界で将来を期待されてきたエリートコースの子役。そのため、音楽系の高校に進んでいる可能性も高そうです。

関東にある音楽科のある高校は東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校や東京都立総合芸術高等学校、洗足学園などが有名ですね。ジャニーズJr.から音楽系の高校は難しいのではと思うかもしれませんが、経歴的には十分なので、このような学校で声楽などを専門的に学んでいる可能性も高そうです。

スポンサーリンク

大東立樹のWiki風プロフと経歴

https://twitter.com/AdachiKei_929/status/1500498436617281541?t=bZbIHgXsST9UzP58W8j1vA&s=19

【名前】大東立樹(おおひがし りつき)

【愛称】リッキー

【生年月日】2004年11月29日(17歳)

【出生地】 東京都

【血液型】?型

【身長/体重】167cm/?kg

【特技】感情表現

【趣味】歌・ピアノ

【最終学歴】高校3年生(学校不明)

【活動期間】2019年~

【所属事務所】ジャニーズ事務所

【尊敬する先輩】京本大我(SixTONES)

【仲の良いジャニーズJr.】阿達慶・小鯛詩恩・竹村実悟・滝本海都・尾崎龍星

 

ジャニーズに入る前はエリートミュージカル子役!

wiki風プロフィールの特技・趣味を見てみると、大東立樹くんの特技は感情表現、趣味はピアノ・歌とのこと。それもそう、大東くんはジャニーズに入る前は大東リッキーの名義でミュージカル子役として活動していました。

出演作は劇団四季の『ライオンキング』ヤングシンバ役、『サウンド・オブ・ミュージック』のクルト役など。

また、日本でも話題になったミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の3次選考にも残るかなりの実力者です。

しかもライオンキングとビリー・エリオットに関しては、ライオンキングの稽古期間中にビリー・エリオットのオーディションに挑戦。どちらも特集が組まれるようなハードな内容なのにもかかわらず両方をしっかりこなして結果を出しているので、実力だけでなくガッツもある子ですね!

このように大東リッキー時代は「このミュージカルに出たら出世する!」と言われているようなミュージカルに多数出演し、ミュージカルファンの間でも名の知れた存在でした。

そんなミュージカル子役としては超エリートコースを辿ってきた大東くん。ミュージカルファンの中にはまさかのジャニーズ入りに驚いた人も多いはずです。

 

まさかのジャニーズ入りの理由としては、ミュージカル子役ならではの変声期が大きいでしょうね。

大東くんがジャニーズ入りを果たしたのは2019年、中学3年生のときです。ちょうど変声期真っ盛りの時期で、ミュージカル子役として仕事が取れなくなるタイミング伸び悩みやすい時期なので、キャリアチェンジのきっかけとしてジャニーズ入りを考えていそうな気がします。

 

そんな幼い頃からの日頃の努力が実を結び、ついに今年5月にはジャニーズの中でも実力者しか出演できない『Endless SHOCK』への出演が決まりました。

役どころとしては、King & Princeの岸優太くんやTravis Japanの松倉海斗くんなどが演じてきたカンパニーの最年少ポジション。岸くんや松倉くんが演じてきたユウタ、カイトは最年少ならではの愛嬌と本人の役に対するがむしゃらさがSHOCKファンから評価され、愛されてきました。

しかし大東くんは当時ミュージカル未経験だった岸くんや松倉くんとは真逆でかなり経験豊富です。そのため、大東くんが演じる最年少役はこれまでと違う雰囲気になりそうで楽しみですね♪

仲良しは同世代の5人!

大東くんと仲が良いのが2019年入所で同期の阿達慶・小鯛詩恩・竹村実悟・滝本海都・尾崎龍星の5人。

https://twitter.com/takemasachan/status/1500613604248547328?t=bZbIHgXsST9UzP58W8j1vA&s=19

関東の2019年入所組は小さい子から高校生まで入所者がかなり多かった代ですが、大東くんを含めた仲良し6人組は中でも特にお兄ちゃん組に当たります。

いつもは大東くんのみ次世代枠に括られてちびっ子がたくさんいる中で一人でパフォーマンスをしていますよね。ただ雑誌ではこの6人括りになることが多いです。

 

19年兄組は大東くんがエースポジションではありますが、それ以外にもサッパリ系の顔の子が勢揃い。現役高校生ならではのフレッシュ感もあり、新たな関東ジャニーズJr.のガチ恋枠として注目度急上昇中です!

Wiki風プロフィールでは大東くんの身長を167cmと紹介していますが、絶賛成長期でまだまだ成長中。他の子たちも同じように成長期なので、パフォーマンスだけでなく見た目もどれだけ変わっていくのか楽しみな子たちです。

19年兄組はダンス経験者も多く、入所して間もない子たちでありながら高いパフォーマンス力を誇ります。大東くん以外の5人はツアーバッグに付くことも多く、ISLAND TVでは同期でのコンテンツだけでなく、先輩たちのISLAND TVにもひょっこり登場していて可愛らしい子たちです。

 

大東くんが加入した19年組は子役経験者など即戦力採用が中心だった世代。大東くん以外にも実力者がたくさんいるので、ぜひ19年兄組を中心に19年組世代にも注目してみてください!

まとめ

今新しい推されとして高い注目を浴びている大東立樹くん。

出身高校は不明でしたが、出身中学は東京都福生市率第二中学校とわかりました。

 

元々エリートミュージカル子役からジャニーズへの転身を果たした大東くん。ジャニーズにはヤングシンバ出身の子が多いですが、髙田翔くん、Travis Japanの川島如恵留くん、Aぇ! groupの佐野晶哉くん、Jr.SPの中村浩大くんに次いで大東くんは5人目ですね!

大東くんは実績が評価されてジャニーズ事務所に入所した後も舞台のお仕事が途絶えませんでした。そして晴れてこの春、ジャニーズの中でも実力者しか選ばれないEndless SHOCKに出演します。

 

ミュージカルをずっとやってきた人にとって帝国劇場に立つことは夢のようでしょう。本人の目標はデビューとのことなので、ミュージカル俳優とジャニーズのアイドル両方で成功してほしいですね!

 

スポンサーリンク

-ジャニーズ