朱鷺メッセジャニーズライブの着席ブロックはどこ?座席の見え方やキャパも調査!
本ページはプロモーションが含まれています

ジャニーズ

朱鷺メッセジャニーズライブの着席ブロックはどこ?座席の見え方やキャパも調査!

\キレイなお肌で推しに会お!/
2420円のブラシがついてこの金額!!

新潟県にある『朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター』は、さまざまなジャニーズグループがライブ会場として利用しています!

朱鷺メッセのキャパは?
ジャニーズがライブをするときの座席配置は?
座席からの見え方は?見やすいのはどこ?
着席ブロックはどこ?

今回はこれらについて、私なりにまとめていきたいと思います!

キャパや見え方、着席ブロックの場所など、実際に会場に入った時の感想も混ぜながら、お伝えできたらと思います♪

ちなみに私が参戦したのは冬の時期だったので、無事に行って帰ってこられるか、とても不安に感じていたことを今でも覚えています。

今回ここでは時期的なことには触れませんが、今後の参考にしていただければと思います!

朱鷺メッセの着席ブロックはどこ?

着席ブロックはスタンド席が設置されるのであれば、そのブロックの前列あたりに作られることが多いようです!

最初から最後まで座っての参戦になるため、座ったままでも見やすい位置になりますね!

とはいえ、決まったスタンド席がない分、着席ブロックの座席数は少なくなってしまいそうですね。

メインのステージがなくセンターステージと花道のみの構成の場合は、アリーナ席内のどこかに着席ブロックが作られるようです。

調べてみると、センターステージから1番離れたブロックの後列に着ブロがあったという場合もあるみたいですね。

朱鷺メッセは固定のスタンド席がないため、どこに着席ブロックが作られるのかは安定しないようです。

朱鷺メッセのキャパは?

朱鷺メッセは展示ホールをライブ会場として利用します。キャパは最大で約1万人です!

メインステージやセンターステージ、花道などの設置を考えると、収容人数は1万人より少なくなりますね。

3万7千人のさいたまスーパーアリーナや1万7千人の横浜アリーナ、8千5百人の和歌山ビッグホエール、8千人のグランメッセ熊本などと比較すると、大きすぎず小さすぎずのキャパであることが分かりました。

私は実際に会場に入ったとき、「想像より狭いのかも!」と感じたことを覚えています。

応募のときにあまりキャパを気にするタイプではないため、調べて収容人数を見てみると、「この人数しか当選しないんだ!」とびっくりしてしまいました!

当選したときはもちろん嬉しいですが、どういう会場なのか、キャパはどのくらいなのかを知っていると、さらにドキドキしちゃいますね♪

朱鷺メッセのジャニーズライブ時の座席配置は?

ポイントになるのは、朱鷺メッセには固定のスタンド席がありません!

そのため開催側の構成次第で、さまざまなスタイルの座席配置になると思います!

ジャニーズライブでは、メインステージを設置し、会場を縦長に使う配置が多く見られます。

その場合、スタンド席はバックステージ側に作られることが多いようです!

センターステージと花道だけを作り、それを囲むようにアリーナ席を作るパターンもあるみたいですね!

会場の構成例を見るのに、こちら参考にしてみてください♪

 

これらを見るだけでも、いろいろな座席構成を作ることができると分かりますね!

他の会場と違い、決まったスタンド席がなく、横幅や高さをあまり感じないため、「会場の狭さ」を感じたのではないかと思います!

ほとんどの人がアリーナ席としてチケットを手にするのではないでしょうか!

朱鷺メッセ座席からの見え方は?見やすいのはどこ?

朱鷺メッセはそこまで大きいキャパの会場ではないですが、構成、座席配置、どこに入るかなどで見え方や見やすさに大きく差があるようです。

縦に長く会場を使うと、高さに変化がない分、ステージから離れた席では見えづらさも遠さも感じてしまうみたいですね。

また中央ステージを囲む構成であっても、ステージまでの距離で見え方に違いが出てくるようです。

どこが見やすいのかはジャニーズグループの中でもライブごとに変わり、構成を知ってからのお楽しみになる部分もあるように思います!

では、スタンド席、アリーナ席に分けて見ていきましょう!

スタンドの席見え方

朱鷺メッセはもともとのスタンド席がないのが特徴の会場です。

ジャニーズがライブを行う際、だいたいバクステ前にその座席を作るようです。バクステが設置されていると距離は近く感じると思いますし、見え方も良いと思います!

メインのステージまではかなり距離ができてしまうため、見づらさを感じてしまうでしょう。

しかし、会場全体を少し高いところからほぼ正面に見ることができる座席ではあると思いますので、見え方としては良いのではないでしょうか!

それでも双眼鏡の準備は忘れずにしておくべきと言えます!

おすすめ双眼鏡はこれ!

アリーナ席の見え方

朱鷺メッセの場合、アリーナ席がメインとなるでしょう。

展示ホールを会場にしているため、一般的なアリーナ会場のように固定のスタンド席で囲まれているわけではありません。

構成にもよると思いますが、ステージや花道に囲まれた座席が多くなるようです!

メインステージのみの設置でアリーナ席を作る場合、前列のブロックは近いため見え方も良いと思いますが、後方にいくにつれて見えづらさは出てくると思います。

ジャニーズでは花道や外周がほとんどのライブで作られるため、前後左右どこを見ても、姿を見ることはできるのではないかと思います!

しかし、アリーナ席の中では埋もれてしまう席があるので、思うように見れない場合もあるかもしれませんね。

実際に私は花道に囲まれたブロックに入ったことがあります!3つあるブロックのうち2つ目だったため、少し埋もれ席かなと感じながらも、右を見たり左を見たりと視界が忙しかったことを覚えています!

こちらもやはり双眼鏡はあったほうが良いと思いますし、私も準備していました!

まとめ

今回は朱鷺メッセのキャパ、ライブ時の座席配置、見え方、着席ブロックがどこかということについてまとめました。

この会場のポイントとしては固定のスタンド席がないことですね!ジャニーズの中でもさまざまなステージ構成がされています。

ステージ構成や配置次第では見えづらい席が出てきてしまうこと、着席ブロックがアリーナ席内で埋もれてしまう可能性があることが懸念点となりそうです。

双眼鏡の準備は絶対にお忘れなく♪冬の時期であれば防寒や交通手段の対策も大切ですね♪

\ファンサいただきました♡

推しに見つけてもらえる うちわが作れます♬

【応援うちわ専門店 ファンクリ】

-ジャニーズ
-